血管年齢を若くするぞ.com » ストレッチについて

ストレッチについて

実際の歳よりも血管年齢が高い人が増えています。血液を循環させている管が老いてしまっているという場合は血を循環させている管が硬いという事です。

血を循環させている管が硬いと動脈硬化や心筋梗塞などを起こしやすくなります。そこで血液や酸素を運んでいる管を若くするストレッチを行ってみましょう。

ストレッチを半年続けると管の歳は約10歳も若返るそうです。血液を身体の隅々まで循環させている管を若くするふくらはぎの軽いストレッチがあります。

ふくらはぎは体の上部から下へ降りてきた血を心臓へ押し返すポンプの様な役割をしている重要な器官です。

第二の心臓と呼ばれています。ふくらはぎの体操を行うと滞ってしまいがちな下半身の血流を良くする事が出来ます。そのことで心臓にかかる負担を減らします。

また血圧の上昇を防ぐ働きがあるので、血管の中の血液が固まる事を防ぎます。ふくらはぎのストレッチですがかかとを上げたり下げたりする運動を行います。こうするとふくらはぎの筋肉が動きます。

ストレッチをしましょう。その時に手を広げます。広げた手を伸ばしたまま胸の前に持ってきます。指先を下に向けて肩を上下に動かしてみて下さい。こうすることで胸の筋肉を動かすことが出来ます。

次に伸ばしていた手を横に広げます腰の辺りに手が来るように肘を曲げます。この時にさっきの運動と同じように手は下に向くようにして下さい。そのまま肩を上下に動かします。

この時にふくらはぎは上げたり下げたりしたままです。こうすることで方の筋肉が動きます。急いで早く動く必要はありません。ゆっくりとストレッチを行って下さい。朝と晩の2回行うと効果的です。

例えば通勤で電車に乗った時などは長い時間立ちっぱなしになりますね。そうすると血は下半身に下がってうっ血した状態になります。その時にこのストレッチを行うと血流がよくなり下半身に滞っている血を心臓へ送る事が出来ます。

朝の通勤電車の途中や帰りの電車の中で行えば一日2回この軽い運動を行う事が出来ます。少しの心がけで血を循環させいる管を若くする事が出来ますね。難しいストレッチではありませんしふくらはぎを上げたり下げたりするだけでも効果があるので、是非、生活の中で取り入れてみて下さい。