血管年齢を若くするぞ.com » 交通事故と接骨院

交通事故と接骨院

あなたがもし交通事故に遭ってしまったとしたならば、通院をして怪我を治すことになりますよね。ただ、怪我によっては整形外科では湿布薬を出されるだけで、痛みの症状に対し積極的な治療を受けることが出来ないことがあります。

そのような場合には整形外科での治療に加えて、さらに接骨院でも治療を受けることをおすすめしたいと思います。

接骨院の治療には普通の病院のように健康保険が適用されますし、それは交通事故での自賠責保険ももちろんです。交通事故によりむちうち症やねん挫、打撲、さらに脱臼や骨折といった怪我のリハビリを自賠責保険の適用化で接骨院の治療を受けることが出来ます。

ただし、この時に気を付けて欲しい点が、接骨院へと通うことについて整形外科の医師により許可を貰っておくことです。

こうすることで治療費も慰謝料も減額をされることなく補償を受けることが出来ます。もし整形外科の方に通うのをやめてしまって接骨院だけに通っているような状況になりますと、接骨院では診断行為は業務範囲外となってしまうので、いつ治癒をしたのかという診断が下せなくなってしまいます。

これにより慰謝料などが減額されてしまう可能性があるのです。とはいえ、全くの補償が無いという状況にはなりませんが、患者自身のためにも接骨院に行きながら整形外科に通院し、怪我の治療の経過を診断して貰う方が良いはずです。

そうすることで治療の効果を医師の目によって判断が出来ますからね。交通事故による怪我に対し、接骨院では痛みの症状を緩和するために各種治療が施されます。

先ほども記述したようにリハビリを低周波や超音波治療、運動やストレッチを取り入れ、場合によっては日常生活における姿勢などにもアドバイスを受けることが出来ますし、少しでも早く痛みを取り除けるように専門家と相談の上治療を進めていけます。

治療期間に制限は無く、症状が改善するまで治療を受けることが出来ますから、安心して怪我の治療が出来ますよね。