血管年齢を若くするぞ.com » 五十肩のストレッチ

四十肩・五十肩

五十肩のストレッチ

中高年、50歳代にみられる急に肩があがらなくなってしまう 五十肩 …。五十肩は、壮年期以降の人に起きてしまう、肩の関節の痛みと、そして動かしにくくなってしまう病気の1つなのです。

肩の関節やその周辺の組織に炎症を起こしている症状を、まとめて五十肩と言うようです。五十肩の原因としては、腕をあげる筋肉が集まっている腱板という腱の血流が不足すること、肩峰という骨や腱が摩擦されることが考えられるようなのです。

五十肩による炎症の痛みは一時的で、安静時は痛みを感じなくなり、肩の関節を動かそうとした時にだけ痛みを感じるようになります。

五十肩の症状としては肩から上腕への痛みが主となるようです。炎症を起こした腱板や肩峰下滑液包の痛み、周辺組織に炎症が広がる場合もあるようなので、肩のかなり広い範囲に痛みを感じます。普通は腕を挙げていく途中で、肩と肘の高さが同じくらいな時に、痛みを感じることが多いようです。

一旦炎症を起こしてしまった組織は、炎症が収まったあと少し縮んだような状態になることがあります。このために、肩周辺の組織が拘縮したような状態となります。

これにともなって、肩の動きが悪くなるのです。そして、肩が挙がらない状態と感じるのです。さらに、特徴的なのは夜や就眠の時の痛みです。これは寝た状態での肩関節の位置が関節内の容量を減少させることによって、内圧があがるような状態となってしまうからなのです。

このように、五十肩といえばよく聞くフレーズで軽視しがちなんですが、実はかなり厄介な病気なのです。そしてよくストレッチを提案している番組や雑誌などがあるようですが、ストレッチには注意していかなければ点があるのです。

このストレッチなどはいわゆる炎症がおさまった時にすること!! 痛みが激しい時こそ緩和したいと思い動かしがちなんですが、五十肩は炎症で痛みが強い時には、安静にしなければなりません。

ストレッチなどで無理に動かしてしまうとどんどん悪化していってしまうからなのです。ですから、十分に気を付けながら、また医師などと相談しながら取り入れていく必要があるでしょう。