血管年齢を若くするぞ.com » 星状神経節ブロック注射

星状神経節ブロック注射

星状神経節ブロック注射は、頭痛や顔面神経麻痺、肩のひどい凝りやヘルニア、むちうちや網膜血管閉塞症など、ほぼ全身に適用することができ、麻酔科やペインクリニックではもっとも多く用いられるブロック注射です。

このブロック注射は、喉にある交換神経を緩めることで、一時的に自然な治癒力を期待することができ、また、自律神経やホルモンの分泌、免疫力などのバランスを良くします。

実際のブロック注射をする部位については、脳や顔面、頭部や頚部、上肢、心臓、肺などに対して交感神経の細い線維を送っている喉にある星状神経節という部位のそばに局所麻酔薬を注射しますが、特にこの方法によって支配する領域の血行を促す効果があり、機能が低下していた色々な部位、器官の機能を回復するのを助けます。

やはり東洋医学的な視点に立った、自然な自己の治癒力を高める、ということが期待されます。また、痛みに対する方法としても優れていますが、自律神経のバランスが崩れることによって起きる胃潰瘍や高血圧、不眠症などにも効果があります。

しかしながらブロック注射は痛みを訴えた場合に初めて用いるという方が多いようですが、他の細かな症状についての改善も見られた、というケースが多く、人によってはかなり健康のレベルを上げる効果も期待されるようです。

星状神経節ブロック注射は他のブロック注射同様、副作用がありません。また、高齢者や妊婦の方でも安心して治療を受けることができます。ただし抗凝固剤等を用いている方などは注意が必要なようですので、医師によく相談したり話をする機会を設けることが必要でしょう。

実際に外来などで注射するためにクリニックへ行きますと、喉仏の下の部分の左右のどちらかに局所麻酔薬を注射しますが、深さはだいたい1センチ程度、針の太さも細めで、すぐに上半身がリラックスしてくるでしょう。

注射の後は1時間も経たないうちに治療が終わってしまうというのも忙しい方にとっては嬉しいでしょう。