血管年齢を若くするぞ.com » 脊柱管狭窄症の薬物療法

脊柱管狭窄症の薬物療法

脊柱管狭窄症に関する保存療法の中でも、薬物療法や神経ブロック療法の薬を使った治療についてしらべてみました。まず薬物療法で使用される薬についてですが、大きくわけると以下のようなものを用います。

痛みや炎症を抑える非ステロイド系の薬で、消炎鎮痛剤。これには、内服薬の他に座薬もあるようです。筋肉の緊張を和らげ、痛みが続かないようにする筋緊張弛緩薬。

神経のまわりの血液循環をよくして、痛みを和らげる末梢循環改善薬。脊柱管狭窄症の場合、血管を広げ血流をよくするプロスタグランディン。

末梢神経の傷を治して、神経の機能を安定させるビタミンB12。痛みを和らげるための外用薬として、温湿布や冷湿布。以上のような薬が用いられるようです。

次に、神経ブロック療法では、上のような内服薬で効果があらわれない場合などに麻酔薬やステロイド剤を注射して使用していきます。

これは、神経や神経周辺の組織に麻酔薬を打つことにより、一時的に痛みを伝える神経の信号を脳に送られないように遮断します。

こうすることで、痛みに関係している交感神経の緊張をやわらげ、脊柱管狭窄症の痛みを改善する効果が期待できるのです。