血管年齢を若くするぞ.com » ぶら下がり健康器について

ぶら下がり健康器について

ぶら下がり健康器といえば、お馴染みの方も多いと思いますが、古くは70年代に開発され、大ブームを巻き起こしました。また最近になって密かにブームを呼んでいる健康器具です。

一般に狭い鉄棒のようなもの、と思って間違いないようですが、体重全体を腕だけで支えることによって、背筋を伸ばして姿勢を自然に矯正したり、腰痛や肩凝り、内臓疾患などにも健康効果があるそうです。

一台あれば、肩凝りぐらいでトレーニングジムで通う手間も省けますし、自宅にあることで使用時間を限定されることもありません。また、これは冗談かもしれませんが、使わないときは洗濯モノを干す竿としても使用している方は多いそうです。

ぶら下がり健康器のメリットは、例えば運動不足の方や腰痛の方では、ちょっと散歩に出たり、腹筋や背筋を鍛えたり、ということも億劫になりがちですが、ぶら下がり健康器では視界をちょっと上に置くことができたり、何の準備も不要でただぶら下がるだけでいい、というのがぶら下がり健康法はお手軽な感じでいいと感じる方が多いようです。

腕の筋肉が鍛えられると、基礎代謝を増やして、余分なエネルギーを上手に消費することができますし、背筋を伸ばすと、背骨の歪みを矯正すし健康につながります。

またダイエットしている方にとっては筋肉の衰えを解消し、健康を維持しながら体重を減らすためにも手軽に利用することができます。このタイプには、ぶら下がるだけの機能のものもありますが、マルチなジムとして健康に活用できるものもあるようです。

この場合特に頑丈でなければなりませんので、あまり値段が安いものは選ばないほうがいいと思いますが、使えるものであれば、腹筋や背筋、足の筋肉なども鍛え健康を維持することができるようになります。

姿勢がよくなるというだけで治すことが出来る症状はとても多いもので、肩凝りや首の凝り、腰の痛み、四十肩や五十肩まで幅広く対応するというのもポイントです。

特に日本人は腰が強くても腕の力はそれほどでもない、と言われますが、腕の力をつければ、肩凝りなどもあまり起こらなくなると考えられます。