血管年齢を若くするぞ.com » ドイツ式フットケア

フットケア

ドイツ式フットケア

ドイツ式フットケアはフスフレーゲといいます。このドイツ式フットケアは1735年ドイツで誕生しました。ドイツ国家資格のフットケアです。日本にはドイツ式フットケアのサロンが多く最新の知識と技術で施術が受けられます。

そして、ドイツ式フットケアを学びたいのであれば、フットケアスクール、もしくはフットケア通信講座で受講することが出来るようになっています。

合わない靴を履いていると靴擦れが起きます。その靴擦れが繰り返されると皮膚が硬くなってタコになります。細身の靴を我慢して履いていると足が圧迫されて魚の目ができます。

これら足のトラブルを最新の機械を使って解消するのがドイツ式フットケアです。

1.足を洗います。
(足の殺菌、保温して足をリラックスさせます)2.足を消毒します。
3.足の状態に合わせて爪のケア。
4.硬くなった角質のケア。
5.タコや魚の目ができて硬くなった部分の踵のケア。
6.マッサージをして足をリラックスさせます。
これでフットケアは終了します。

また、合わない靴を履くことによって足は徐々に変形していきます。外反母趾はハイヒール、先が細い靴、足より大きい靴、ファッション重視の靴など足に負担がかかる靴を長時間履き続けるとなります。

女性に圧倒的に多い足の変形です。ハンマートウは靴の中で足が安定しない大きな靴を履き続けることで足先が常に圧迫されて指の関節が変形します。これも女性に多い足の変形です。

足の変形は男性より女性に多いのは足より小さい靴または反対に大きい靴を長時間履き続けるからです。ドイツ式フットケアではこの合わない靴を足に合わせるように改良するのもフットケアの一つです。

踵が当たって痛い、くるぶしが食い込む、足が捻挫しやすい、足の長さが違う、甲がきつくて痛いなどの不具合を調整・修理もします。足にフィットする靴とはどんな靴でしょう。

それを知るには先ず貴女の足を知ることから始めましょう。貴女の正確な足のサイズを測ったことがありますか。靴を買うときのサイズが足のサイズと思っていませんか。計測器で正確に測ってみましょう。左右のサイズが違うなんてこともありますよ。