血管年齢を若くするぞ.com » 分離症とすべり症

すべり症・分離症

分離症とすべり症

腰の分離症といえば、腰椎分離症、あるいは脊椎分離症と呼ばれる症状のことです。脊椎にある椎弓が背骨の正常な構成から分離してしまう症状です。

多くは疲労骨折が原因であると言われています。特に子供のころに激しいスポーツをすることによって、骨が負荷に耐えられなくなることで発症することが多く、急性期には痛みがあっても、すぐに解消され、そのまま放置されてしまうと、分離が潜在的に進み、成人後に再発した時点では癒合ができず、長く治療をする、というパターンになってしまいます。

このことから、トレーニングに励む子供の親であれば、定期的にレントゲン検査を受けさせることが推奨されます。早期発見であれば、安静にするだけで骨が癒合する可能性が高いですが、慢性期に入ってから痛みが出ても、癒合には至りません。

プロのスポーツ選手の多くがこの症状を潜在的にかかえているといわれています。痛みが無いために、治療をしない、ということですが、特に痛みがなければ治療をする必要は無い、とも言われています。筋肉や靭帯が発達していると、骨折した骨をうまくサポートできている状態である、と言われています。

プロの選手であれば、筋肉をクールダウンする方法を熟知しているものですが、そうでない場合、長時間の立ち仕事をしたり、腰を曲げた状態で作業をすることが多いと、痛みは出やすくなります。

さらに症状が進み、すべり症が併発しますと、腰椎の分離すべり症と呼ばれる症状が出ます。正常であればきれいな湾曲性を保って構成されているはずの腰椎が不安定な状態になってしまい、すべり症では痛みも出やすくなります。

特に骨の痛みが主な症状だったのが、すべり症になると脊柱管という神経が変形したり圧迫されることによって、すべり症による神経の痛みが発症しやすくなります。

すべり症では長時間の立ち仕事などをすると腰痛やまた下肢にも痛みや痺れが出ます。またすべり症が悪化すると歩行障害も出てきます。このような状態にならないためにも、すべり症になる前に早めに治療しなければならないでしょう。