[PR]


血管を若くする方法

血管年齢という言葉をテレビや雑誌などのメディアで見かけた事があると思います。血管年齢が若々しいとか老化しているという事はどういった状態なのでしょうか。また若くする方法や健康的に保つ手段には一体どんなやり方があるのでしょう。

血管年齢を若くする方法.comでは血管が若返る方法を皆さんにお伝えしています。また他にも健康に関する情報や、生活習慣の中で為になる情報を発信しています。どうぞご活用下さい。

血管年齢を若返させる、若さを保つ事が健康の秘訣であるとメディアでは伝えています。血管は私達の体、全身に廻っていて血液や酸素を運ぶ重要な器官です。この血管も体同様歳を重ねるとともに老化していきます。

血液が循環する管が老化するというのは血液の循環が行われる管が硬くなってしまった状態を指しています。つまり血管の硬さを表しているのです。血管が老いてしまい、硬くなってしまうと動脈硬化や高血圧といった症状を引き起こしやすくなります。

血管年齢は加齢だけではなく食生活や生活習慣にも関係しています。血管が硬くなることで引き起こされる症状の予防や健康の為に血管年齢を若くしましょう。血管年齢を若くするには、食生活に気をつけましょう。

老化させてしまう原因として、塩分の摂りすぎや、コレステロール、高血糖などになってしまうと血液が循環する管の内側の壁の細胞を傷つけてしまいます。傷ついた所が硬くなり血管が老化してしまうのです。

これらを防ぐために食べておきたい食材は、ほうれん草、ブロッコリーなどの緑黄色野菜です。これらの緑黄色野菜には抗酸化成分がたくさん含まれているので、血管の壁を傷つけてしまうのを防ぐ効果があります。

青魚には若返させるのに有効なEPAやDHAという不飽和脂肪酸が多く含まれています。アジやサバ、イワシなどを積極的に食生活の中に取り入れてみましょう。コレステロールが血管を狭くしてしまう事も老いてしまう原因です。

このコレステロールに有効な食材は、大豆製品です。大豆製品に含まれているペプチドという成分はコレステロールが固まるのを防ぎ、悪玉コレステロールが増えるのを防ぎます。

バランスが整っている健康的な食生活を送ることが血管年齢を若くするのに、大変効果がありますので是非摂り入れてみましょう。それから運動も血管年齢を若くするためには必要です。

運動といっても激しい運動をしなくてはけないということではありません。あまり激しい運動をしてしまうと血管は収縮をするので血管年齢は高くなってしまうのです。ゆっくりと15分から30分程度歩くだけで十分です。

週に2回ほど行えれば効果は出ます。買い物に行く時自転車を使っていたのを歩いて買い物するように変える、通勤の時バス亭二つ分を歩いてみるなど、わざわざ特別に時間を作ったりしなくても普段の生活の中で取り入れる事が出来る軽い運動を行いましょう。

しっかりと睡眠をとることも血管年齢を若返させたり、若さを保ったりするのに欠かせません。寝不足になると自律神経が不安定になります。そうすると血圧が高くなる傾向があります。ですから睡眠時間は6時間から8時間くらいは毎日とった方がいいでしょう。

仕事や人間関係などで起こるストレスも血管年齢を高くしてしまう原因になります。ストレスが溜まるとホルモンバランスが崩れてしまいます。

ホルモンバランスが崩れてしまうと血流がわるくなってしまいます。

また、血液の濃度があがり血がドロドロになる事もあります。なるべくストレスを溜めないように上手に発散するように心がけましょう。血管年齢の若さを保つ、若返させるするには食生活や運動などからのアプローチが有効的です。

血液を循環させる管を若くする手段を知れば特に時間を設けたりしなくても日常の中で出来る事を行えます。また心がけておくだけでも食べ過ぎや塩分に気をつける事が出来たり、通勤の時にエスカレーターを使わず、階段を上り下りしたりといった工夫をする事が出来ます。

日々、継続して行う事が血管年齢を若返させるので是非、ここで紹介したことを試してみて下さい。

お薦めサイト一覧

頚椎ヘルニアの治療でお悩みの方は頚椎ヘルニア治療NAVIをご覧ください。

すべり症でお悩みの方はすべり症治療NAVIをご覧ください。

酢しょうがはとてもお勧めです お求めの方はをこちらのサイトをご覧ください。

変形性膝関節症お悩みの方は変形性膝関節症.JPをご覧ください。

椎間板ヘルニアでお悩みの方は椎間板ヘルニアを治す会をご覧ください。

新着情報

 2017年02月08日:TOP
 2016年12月07日:バナナを食べることによる身体への効果
 2015年06月01日:お問合せ